MENU
0~1歳ママ必見!プレゼント情報

新型コロナ感染を防ぐアプリ「COCOA」すでに900万ダウンロード達成

2020 8/03
新型コロナ感染を防ぐアプリ「COCOA」すでに900万ダウンロード達成

この記事ではコロナ感染防止アプリ「COCOA」についてまとめました。

「COCOA」というアプリを知っていますか?
厚生労働省が新型コロナ対策として開発したスマホ用アプリなのですが、7月29日の時点でなんと900万ダウンロードを超え、国内の利用者がどんどん増えています。


「COCOA」がどのようなアプリなのかまとめたので、参考にしてください。

目次

新型コロナ感染予防アプリ「COCOA」900万ダウンロード達成

厚生労働省健康局によって開発されたスマホアプリ「COCOA」。すでに利用している方はいらっしゃいますか?
恥ずかしながら筆者はまだ利用していませんが、ダウンロード数は日に日に増えすでに900万ダウンロードを達成しています。
とてもたくさんの方が注目しているということですね。

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として提供するスマートフォンアプリ「COCOA」のダウンロード数が、29日17時時点で、約912万件に達した。28日17時時点の約888万件から24万件増えた。直近2週間での1日あたりのダウンロード数としては最多となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e116ea24942f752eb219a9b2cfb2c18bb48e4e8b

利用者がとても多いことがわかります。それだけコロナに対する危機意識を国民が持っているということですね。
まだまだ感染は拡大していきそうですし、利用者ももっと増えそうですね。
もしかしたら、もう周囲に使っている方がいるかもしれませんね。

Twitter

COCOAは国内唯一の接触感染アプリ

人気のアプリ「COCOA」とは一体どのようなアプリなのでしょうか。

これは、誰でも簡単に感染を防ぐことが出来るアプリなんです。
COCOAはスマホにあらかじめインストールしておくだけで、特に操作などは全く必要がないそうです。

簡単に始められるのは大きなメリットですね。機械が苦手な方や高齢者でも使えそうです。
そして、いざ自分が感染者に接触した場合にはこのアプリが教えてくれますよ。

アプリの主要機能は、陽性と判定された人が医療機関などを通じて得た専用の「処理番号」をアプリから登録できる機能と、その登録を契機に陽性者が過去に15分以上、1m以内に近づいていたことのある(アプリインストール済みの)誰かに対して「接触があった」とプッシュ通知する機能の2つ。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/teppan/1261050.html

このようにお知らせがあれば、自分が感染者と接触したのか、そしてコロナに感染している可能性があるのかわかりますね。そして感染している可能性があれば、医療機関に相談したり自宅待機するなどの対策を講じることもできて、他の人に移す確率も減りますね。


コロナの怖い面の一つとして、自覚症状のない感染者がとても多いことが挙げられます。
無症状の感染者が、自分が感染者だと知らないうちに移動してしまい、他の人に広めてしまうケースが多々あります。しかし、このアプリをインストールすることで不用意な接触を未然に防ぐことができます。

COCOAを利用して感染防止に役立てよう

緊急事態宣言も解除され、人通りが多くなってきている現在、人との接触も多くなりつつあります。
仕事や学校なども平常通りになってきています。
また政府の後押しするGoToトラベルキャンペーンもありますし、夏休みに向けてコロナは今後ますます広がることが予測されます。

アプリを利用して感染防止に役立てることで、来年の東京オリンピックにはコロナ感染者0人で臨みたいですね。
ぜひあなたの家族やお友達に教えてあげてくださいね。

この記事を書いた人

くま子
・2児(0歳2歳)のアラサー主婦
・コールセンター歴3年
・子供の知育や教育のことが気になる
・チョコレートが主食

コメント

コメントする

目次
閉じる